pms 改善方法 食事

食事でPMSを改善する方法

『PMS』という言葉を聞いたことがありますか?

 

PMSとは『生理前症候群』のことで、
排卵日から生理がくるまでの間で起こる様々な
不快症状の総称をまとめてそう呼びます。

 

ホルモンバランスが乱れるために
そのような症状が起こります。

 

仕方のないことと分かってはいても、
毎月つらい症状が出るのはなんとかしたいと思いますよね。

 

そんなつらいPMSの症状を改善する方法に、
『食事』があります。

 

食事は毎日欠かさず摂るものですから、
それでPMSの症状が改善出来るなんて嬉しいですよね。

 

食事でPMSを改善する方法について、
説明していきます。

 

PMSの症状を改善する食べ物と悪化させる食べ物

 

まず、PMSの症状を悪化させてしまうのは、
『カフェイン』『脂質』『アルコール』の過剰摂取です。

 

では、PMSを改善する食事方法とは
どのようなものなのでしょうか。

 

PMSの改善には、『バランスの良い食事』が欠かせません。

 

何がよくて何が悪いというのではなく、
毎回の食事はたくさんの食品をバランス良く摂るようにしましょう。

 

そして、『血糖値を一定に保つ』ことも大切です。

 

一食を少なめにし、一日五〜六食にしてみてください。
急激な血糖値の変化は、PMSを悪化させます。

 

そして、『ビタミンB』『良質の油』『カリウム』を
意識して摂りましょう。

 

あまり難しく考えず、『健康に良いものを摂る』と
考えれば良いと思います。

 

ヨーグルトにナッツとバナナを加えたものや、
ツナ、くるみなども良いですね。

 

カリウムは野菜や果物に多く含まれており、
カリウムはPMSの症状を緩和すると言われています。

 

次のページでは、生理前症候群(pms)に効果があると話題のサプリメントについてご紹介します。

 

いま話題のチェストベリーサプリメント「ルナベリー」って?